注意: このページは最後に更新されてから 2083 日が経過している記事です。 文章が腐敗している可能性があります。その点を考慮した上で確認ください。

RSSリーダーの本質的役割

提供: kimoto's wiki

現在のRSSリーダーの担っている役割は、次のようなものである

  • 古い記事から順番に一切の読み逃しなく読みたいとき
  • 更新情報のうち、最新の情報のみ知りたいとき(更新検知目的)

このうち、最新の情報のみを知りたい目的でのRSSリーダーの利用は間違っている。今ではTwitterを使うべきだからだ。多くの人はこれに気づいているしいずれ廃れる。

俺の画期的RSSリーダー利用方法 = 俺々検索システムの構築

RSSリーダーを俺々検索システムとしても利用するというもの。Google Readerはいままで読み込んだすべてのRSSから検索することが可能、それは元記事が削除されていたとしても! これが本当に便利。またHyperEstrailerとかあのあたりの全文検索システムを導入するよりも簡単だし、一般人でも出来るすごく扱いやすいシステムになると思う。

この画期的利用方法をするにあたって欲しい機能というのがあり

  • RSSごとに自動既読にできるようにする(検索目的だけで利用したいときがあるため)
  • RSSごとにNGワード、あるいは抽出ワードを設置できるようにする

この利用方法のメリットは

  • 削除された記事(RSS)から完全に全文検索可能であるという点

につきる

デメリットは

  • サーバー側の処理が大変