注意: このページは最後に更新されてから 2036 日が経過している記事です。 文章が腐敗している可能性があります。その点を考慮した上で確認ください。

Minecraftサーバー運用メモ

提供: kimoto's wiki

Minecraftサーバーの運用に関するメモを書きます

基本設定

  • server.propertiesで設定
    • spawn-protectrangeなんちゃらで、respawn地点から何ブロック編集不可か設定されてる

Bukkitプラグイン

全般

  • dynmap
    • ポート8123にてWEBブラウザからリアルタイムなマップを見れるようになる
  • LWC
    • 自分のチェストに鍵をかけることができるようになる
  • iConomy
    • 経済システムを導入する、所持金の概念、金銭のやり取り
    • このMODは他のMODに利用されるために存在しているベースとなるようなMOD
  • ChestShop
    • iConomyの経済システムをベースに、チェストボックスにてお店が開けるようになる
    • Adminのみが作れるAdmin Shop(金さえあれば、無からブロックを生成できる仕組み)がある
  • PermissionsEx
    • ユーザーごとに権限の設定をするための仕組み
    • permissions.ymlにてグループの定義したり、その定義したグループやユーザーに対して権限を与える
    • 他の多くのプラグインがこれを存在している前提で作られている、permissionsEx以外にも同じような名前の同じ仕様のものがあるのでどれかを使えば良い
  • WorldGuard
    • 指定された領域ごとにユーザーの行えることを制限できる
    • たとえばこの領域では火打石が使えない!みたいなもの

LWCの使い方

  • /lwc -c Password hoge をした後にチェストボックスを左クリックでロックする
  • /lwc -r protection をした後にチェストボックスを左クリックでロック解除

PermissionsExの使い方 - permission.ymlの設定例

Permissionsとか、PermissionsExを入れると使えるようになるYAMLについての設定例。 場所は ./plugins/PermissionsEx/permissions.yml にある。

流れとしてはグループごとに権限の定義をして、デフォルトにしたいグループにはdefault: trueと記載する感じ。最後にどのグループにどのユーザーを所属させるかというのを記載する、具体的に記載されなかったユーザーはデフォルトグループに所属する。

groups:
    default:
        default: true #デフォルトではDefaultグループにユーザーは所属する
        permissions:
        - modifyworld.*
        - chatmanager.chat.color
        - lwc.protect
        - iConomy.holdings
        - iConomy.payment
        - ChestShop.shop.* #DefaultユーザーはChestShopのうち、ChestShop.shopに関する権利のみ持つ
        - blockhat.hat
        - blockhat.hat.*
    Admins:
        default: false
        permissions:
        - modifyworld.*
        - chatmanager.chat.color
        - lwc.protect
        - iConomy.holdings
        - iConomy.payment
        - ChestShop.* #AdminsはChestShopに関するコマンドのすべての権利を持つ
        - blockhat.hat
        - blockhat.hat.*
users:
    hoge3: #hoge3をAdminsグループに所属させる例
        group:
            - Admins