注意: このページは最後に更新されてから 460 日が経過している記事です。 文章が腐敗している可能性があります。その点を考慮した上で確認ください。

Git

提供: kimoto's wiki

リポジトリの複製

git clone git://example.com/path/to/repo

ブランチの切り替え

git checkout topic_branch

ブランチの作成

git branch topic_branch

checkout のときに -b オプションつけるとブランチ自動で作れたりする。

git checkout -b topic_branch

他のブランチの作業をmasterにマージする

たとえば topic_branch という名前のブランチで作業していて、そのブランチでの変更点をすべてmasterにマージしたい時はこうする。

git checkout master
git merge topic_branch

現在のブランチの開始地点を調整する

まず利点から。単にgitのログが綺麗になるというだけ。

で、当然ながらこれは作業中のブランチでやることになる。作業中のブランチの開始地点を、masterの最新に合わせる作業であるため(=rebase, 言葉通りや!)

git checkout topic_branch
git rebase master

以上で、現在の最新のmasterにrebaseできる。あとはmaster側からmergeすればfast forwardになってキレイだよという話

git checkout master
git merge topic_branch
git push origin master

キレイに変更ログ眺める

git log -p
git log --graph

ってすると割といいかんじに変更点が確認できて楽しめる!

最後のブランチに移動

git checkout -

最後のブランチとマージ

git merge -

若干怖いけど一応vimが起動するんで確認にはなる。しかしながらfast forwardのときはvim起動しなかったと思う。