注意: このページは最後に更新されてから 2069 日が経過している記事です。 文章が腐敗している可能性があります。その点を考慮した上で確認ください。

謎のメモ

提供: kimoto's wiki

やりたいことリスト

Peercast Web

Peercastをwebから簡易に見れるようにするための仕組み。

  • 1チャンネルでの帯域利用量を多くとも3Mbpsだとすれば1Gbpsの回線があれば333チャンネルまでは自動ダウンロード可能(リレー1として)
    • あーいやアップロードする必要があるから実際には166.5チャンネルか。
  • Pecaの番組はピークでも200ぐらい?と考えるとなかなかアリなのでは。
  • ちなみにPeCaの多くの番組は1Mbps以下である。とすればもしかしたら1Gbpsでは同時接続1000チャンネル近く可能かも。(アップロードも合わせると最大500チャンネルぐらい)
  • 配信閲覧の回線を考えると駄目かー、となるとサーバー側にデータ持たずにただURLを教えて上げるだけのシステムに成り下がるな

問題

  • 著作権
    • 配信者に個別に許可を得る必要がある

e-sports大会運営

ゲーミングデバイスのための大会を開く。 e-sportsの普及にはマネタイズが必須、そこでまず企業側の利益を確保してあげなければ力を注いでくれない。それをする。

全然関係ないページにいきなりゲーミングデバイスの広告だしてもそりゃ売れないし効果は低い。普通に大会開いてデバイスの宣伝広告を試合の合間とかに映像で流すべき

具体的には

  • 試合の合間にスポンサー映像を流す
    • スポンサー側の映像がなければ大会運営側で広告映像を制作する
      • そうすることにより広告映像も作ってくれるのかーという流れ生むことも出来るよね
      • そこで制作費をもらっても良い
  • 試合のHUDは極めてわかりやすい感じに改造する
  • 大会運営ツールの作成で運営コストの軽減
    • その辺の知らない兄ちゃんでも運営できるレベルにすることで、毎週とか非常に短い周期での大会が行えるようになる

RSSリーダーの改修

  • フィルタ機能
    • RSSごとにフィルタできるようにする、たとえばこのRSSのうちjavascriptという文字が含まれた記事のみ購読したいなど
  • 全文検索機能
    • 過去に取得したRSSから検索出来る機能(Google Readerではすでに出来る)

前者はGoogle Readerでも出来ていないこと、つまりこれを実装すればGoogle社に対しても優位性がある

大会運営ツール

たとえばe-sportsに限らずその辺の子供たちの野球の試合とか、潜在需要は極めて高い しかも地域と密着させた位置情報を利用した仕組みを使って、地域との広告を連動させマネタイズさせることも出来るのではないか。 また試合の結果などから選手のパフォーマンス、成長具合をグラフ化して可視化出来るようにしたら面白いのでは。 小、中、高等学校の先生たちのマネージメントをより簡略化させることができるのでは。

あとはスマートフォンとの連動。大会開催日に近くにいる人はその大会の存在を知れるようにしたり 大会開催地の近くにいる人は、近所で開かれる大会一覧が見れるようにするとか。

畑クラウド化

TPP問題を見ていて思ったアイデア。日本各地に散らばる小規模な畑を、クラウド化する。利用者はWEBインターフェース上からどの作物をどのくらいのヘクタール植えたいかを入力する。また同時に月額の契約料を支払う。そうするといわゆる中の人がそれぞれ土地を決め、そこに指示された作物を植え育てる。(このとき土地はその作物にとってもっとも効率の良い場所が選択される、これらはすべてコンピュータで管理されているし、なんとかラボの作ったリコメンドシステムも使用されるのでなんとかラボも潤う) そして農業のエキスパートに育ててもらうのでまぁだいたいうまく育つはず。(失敗も前提とした上での契約とする)

こうしておけば東京にすむ農業よくわからない金持ってる人がポイポイとお金を使い、日本の使われてない土地が活発に利用され農業が行われる。農業従事者の仕事も増え、国内自給率もあがり、生活が豊かになる。

ただこのシステムの問題は

  • 農業してる人が、俺別にこれこのまま個人として売りだせばいいんじゃねと思ってしまった場合

このシステム作った人の収益は

  • 毎月の手数料

農業従事者の収益は

  • 作物を予め指定された相場通りの値段で売る感じ

東京に居るお金持ってる人のメリットは

  • 何も考えずに作物を一定数育てられる(作物の地形的な生産コストとか、大変さとか、育て方の技術の習得とかいらない)
    • また大量に作った作物をスーパーに売ったりすることを想定している
      • 値段的優位性はあるか、なさそうだなーここ怖いところ

以上により畑クラウド化 & 農業従事者奴隷化システム終わり

その他

  • 面白い発想をする人間というのは、人と違った生き方をしてきた人間だ。インプットが違う人間のアウトプットは違うというだけ。
    • 情報のインプットの取捨選別に全力を注ぐべき