注意: このページは最後に更新されてから 1768 日が経過している記事です。 文章が腐敗している可能性があります。その点を考慮した上で確認ください。

詳解Left4Dead2

提供: kimoto's wiki

概要

他のところに書いてありそうなネタは基本書かない方針で。希少価値高そうな情報だけを載せるという差別化。クソ暇なときかくんでなかなか終わらなそうな気がする。あと普通にSourceEngineについて書いてるのが主体なのでTeam Fortress2とかCounterStrike:Sourceなんかでも共通した知識が多い。最近追加したやつほど上になるようにしようかな。

!command と /command

!commandと先頭にビックリマークのあとにチャットで発言することで、なんらかのコマンドを実行できるが、/commandだと他の人に見えない感じでチャットコマンド実行できる。!readyだと他の人に発言が見えるが/readyだと他の人に発言が見えなくなる。

snd_restart

音楽初期化、これをTankの音楽流れてる時に使えばTankの音楽だけ消せる あとはヘッドフォン挿し直したときに音が出ない時とかがあるんだけども、そういう時にも使える

go_away_from_keyboard

コンソールコマンド。休憩状態に移行できる(Coopのみ)

joystick 1だと高速ハシゴのぼりができなくなる

つまりジョイスティック指してるだけで高速梯子上りできなくなるので注意。もしかしたらストレイフによる加速もしなくなるかもしれない、これは推測ではあるが。

radialmenuについて

ラジオチャットメニューが定義されたファイル。このファイルをいじることでラジオメニューをオリジナルなものに改造することが出来る。./scripts/radialmenu.txt がそれ 詳細はググれば出てくる

HUDの改造の仕方

以前詳細に書いたのでそこへのリンクを貼る L4D2のHUDをいじくる方法 VTF/VMTについて備忘録

SourceMODの動作原理

addonsフォルダ以下にある、拡張子がvdfのファイルは自動で読み込まれる。それによりL4D2起動時にmetamod.vdfが読み込まれ、その中で定義されている。"../left4dead2/addons/metamod/bin/server" というファイルが読み込まれる。なお動作している環境によって読み込まれる物は違う、windowsならserver.dll、Linuxならおそらくserver.soだろう

Metamodはさらにmetamod自身へのプラグインも持てるようになっている。metamodフォルダの中にある拡張子がvdfのファイルは自動で読み込まれるので、metamod/sourcemod.vdfが自動で読み込まれ、そこに記述されている、addons/sourcemod/bin/sourcemod_mm.dll (linuxではsoか) が読み込まれる。以上の流れによりSourceMODが有効化されている。

フォルダ構造

  • addons
    • vdfやvpkを入れて拡張機能を有効にするため
  • cfg
    • 設定ファイル
  • maps
    • マップデータ
  • materials
    • テクスチャやマテリアルなど置き場
  • media
    • ゲームにて使用される動画置場。拡張子bikは専用ソフトウェアを入れることでaviと相互変換可能
  • missions
    • ミューテーションやら女ブーマーが出るかとかマップごとに設定をするためのファイル
  • models
    • キャラクターやオブジェクトなどの3Dモデルデータ
  • particles
    • 爆発などエフェクトのアニメーションファイルであるpcf置き場
  • resource
    • HUDなどのユーザーインターフェースを定義
  • scripts
    • ラッシュ量など、動きのあるHUDなどスクリプティングっぽい要素はここに入ってる
  • screenshots
    • in-gameにて撮影した画像が保存される
  • sound
    • 音声ファイル

コンソールコマンドのPrefixの意味

  • sv_
    • server
  • cl_
    • client
  • sb_
    • survivor
  • sm_
    • sourcemod
  • z_
    • zombie
  • r_
    • rendering

特殊感染者

Charger

  • BOTチャージャーは突進中は被ダメージが減少するため、近接武器でHSで倒すことが出来ない


(執筆中)