注意: このページは最後に更新されてから 2058 日が経過している記事です。 文章が腐敗している可能性があります。その点を考慮した上で確認ください。

練習手法まとめ

提供: kimoto's wiki

このページでは練習手法とその特徴についてまとめる。

手法

反復練習

意識を介さずに無意識化に処理を行うことにより反応速度を向上させる。そのための繰り返し練習のこと。詳細は次のリンク先に書いた。 反復練習とスランプについての考察

イメージトレーニング

頭の中で複雑な操作の流れを想像し手順を組み立てる、これを繰り返す。思考内での反復練習とも言える。心理的な側面が強い。

論理的考察

ゲームのルールを調べたり、ダメージ計算式を調べたりなど論理的に競技を考察すること。どの武器がどういう状態で強いかなどそういった情報の整理などを行う。 戦略的ゲーミングのススメ

手順

練習の手順は以下のようなものになる

何を練習すべきかの選定

  • 費用対効果の大きいものを選ぶ

練習手法の選択

  • 可能な限り数値的な指標があるものを選ぶ

練習をする

  • 練習の際には成果(数値)を必ずメモする

反省

  • 練習成果の確認、いまいち効果がなければ練習内容の変更や中止もする

動機づけ

いかに練習への情熱を得るか、モチベーションを得るかということについてだが、これは生まれ持っての資質と言わざるを得ない。

  • しかし食べ物に含まれる成分で人間の知性は大きく変容させることができる。
  • また音楽では感情をごまかすことができる、音楽による感情変化によってストレスをもみ消す事ができる。