注意: このページは最後に更新されてから 2086 日が経過している記事です。 文章が腐敗している可能性があります。その点を考慮した上で確認ください。

癌についての考察

提供: kimoto's wiki

継続的、定期的な刺激を受けると癌細胞になると推測している。たとえば顔のよく触る部分(癖等で)にはほくろが出来ているし。摩擦が多い部分にほくろが出来ているように見える。胃潰瘍は胃がんを誘発しやすいという。胃の細胞への継続的なダメージが、悪性新生物の発生確率を高めてしまうのだろう。