注意: このページは最後に更新されてから 1604 日が経過している記事です。 文章が腐敗している可能性があります。その点を考慮した上で確認ください。

病気/片頭痛

提供: kimoto's wiki

症状

  • 普通の頭痛ではなかった
  • 強烈な痛みと吐き気
  • 視覚障害、そして光や音に対する恐怖が生まれる
    • それを避けようとする
  • これを体験すると、"意識"にとって現実というのが不確かで不明瞭であることを理解できる
    • 実はヒトもロボットのようなものだということが理解できる
      • 視覚ですらも物理現象の影響を強く受けている
        • 我々は特別な存在ではない、物理現象の影響を受ける物理的な存在

発生原因の推測

  • セロトニン説というのを支持している
  • これはセロトニンの過剰分泌によって、脳の血管(血流?)が拡張されることにより発生するというもの
  • だから、ズキズキと脈のリズムで痛む。
  • 視覚障害は、この拡張された血管で視神経が圧迫されることにより発生する
    • 視覚障害が存在しないヒトも居るのは、この部位に影響しなかっただけだと思われる

治った理由

  • 最近、俺が片頭痛にならない理由はセロトニンの分泌を抑制するための機構が出来たからだと思う
    • どのような理屈でそうなったかは不明
  • 中学、高校の頃に比べると意欲(セロトニン)が明らかになくなってるので、多分そういうことだと思う
    • 当時はいみわからないレベルのやる気に満ち溢れてた
  • 単に年をとると色んな物に対する意欲が減るものだし、普通の成長によって片頭痛が起きないレベルにまでセロトニンの分泌が安静化した、といえるのかも。