注意: このページは最後に更新されてから 1595 日が経過している記事です。 文章が腐敗している可能性があります。その点を考慮した上で確認ください。

ストレスへの対処

提供: kimoto's wiki

目的

  • ストレスについての考察をするのが目的
  • そのための準備のためのメモ書き

要点

  • ストレスの発生要因に関わらないこと
  • まあいいやとかまあいいかみたいな発想が大事ってこと
  • 力を抜いてストレスの溜まりそうな作業をするということ
  • 自分をいたわれるのは自分自身のみであるということ

ストレスの種類

  • 面倒くさからくるストレス
  • 怒りからくるストレス
    • 怒りってのは過去の理不尽さを発生させた人物への逆の反応っていうのかな
      • よくわからないがそんな感じ
      • そういうのが温存されてしまっている感じがする
  • 視力不足、乱視に起因したストレス
    • これわりと重要だと思う
  • 不安や恐怖
    • 不安要因を取り除かないと駄目
    • 根本原因を取り除かないで開き直ってしまうとそれはそれで問題
    • 根本原因を解決し、平穏な心を取り戻さないと意味ない

気づいたこと

  • 適当に力を抜く、というのがだいぶ効果ある気がした。
    • これは、そもそもストレスが発生しないようにする、という手段の一つ
    • どうでもいいよこんなの。ミスっても大丈夫だよみたいなことをあえて思うことでだいぶ気が楽になる効果があるな~と気づいた。逆にリラックスできて細かいところまで気を使えるようになるというか。
  • wikiを構造化とか、ブックマークの整理とかをしているとだいぶリラックスできることがわかってきてる。頭のなかが整頓できるからかもしれない。
    • 頭のなかの情報を外部に書き出すことで安心できている感じが強いのかもしれない。
  • ストレス発散のための"遊び"、"手続き"を自分なりに調べて見つけておくとすごく便利かもしれない

駄目だと思ったこと

  • 一度イラつくとなかなか制御が難しい
    • 知性が落ちるとかそういうのはないんだけど、くだらない事を持続させてしまう傾向がある。あまり意味が無い。

リンク

まだ特に良い方法を思いついてないので関連した読んだ記事をリストアップ。